印度カリー子のwikiプロフィール!年齢や本名、学歴は?

この記事では次の情報について調べてみました。

・印度カリー子さんの年齢や本名、学歴

・印度カリー子さんの経歴

印度カリー子さんのwikiプロフィールとしてまとめてみました。

印度カリー子の本名や年齢

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

印度カリー子(@indocurryko)がシェアした投稿

「印度カリー子」さんは、インドのカレーをこよなく愛することが伝わる印象深い名前ですが、名前とはギャップのある美人さんです。

そんな印度カリー子さんのプロフィールを調べてみました。

本名:齋藤柚里

生年月日:1996年11月9日

年齢:24歳(2021年6月現在)

出身地:宮城県

出身高校:仙台第二高等学校

出身大学:都内(早稲田との情報あり)

ツイッター:@IndoCurryKo

インスタ:indocurryko

※出身高校は、ツイッターでつぶやいており、大学については名言していないようですが、早稲田出身と言う情報があります。

印度カリー子さんのインスタでは毎日のようにカレーメニューが投稿されており、カレー好きにはたまらないアカウントになっています。

カレーいえど、ただのカレーライスではなく、いろんなアレンジレシピが投稿されているので
料理の参考にもなります。

また、印度カリー子さんはカレースパイスを販売する香林館株式会社の代表取締役としての顔も持っている経営者でもあります。

レシピ本の発行も行っており、ビジネス界でも活躍している人です。

印度カリー子の経歴

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

印度カリー子(@indocurryko)がシェアした投稿

印度カリー子さんは、知性に優れた人でもあり東京大学大学院卒業しており、全人口上位2%の知能指数(IQ)を持った人しか入れないとされているメンサの会員でもあるようです。

高校時代には数学オリンピックにも出場しており、3,402人中183人のAランク者に名前を連ねています。

優秀な知性とカレー好きの融合に美人というルックスが加わって、唯一無二の存在感を醸し出していますね。

【主な活動経歴】

2016年 1月(大学1年): インドカレーを知りスパイスに出会う

2016年 4月(大学2年): 印度カリー子のブログを立ち上げる

2017年 4月(大学3年) : 商品化に成功。販売開始

2021年 3月 : 東京大学大学院農業生命科学研究科 修了

印度カリー子さんがカレーにハマったのは幼少期と思いきや、大学1年生の時にインドカレー好きな姉の為に作ったことがきっかけだそうです。

子供の頃から料理好きで、ルゥを使わずスパイスで作るカレーが簡単にできたことに衝撃と感動を覚えたと話しています。

それからインドカレーのドハマりしていき、インドカレーを普及させていきたいという想いからブログやSNSでの情報発信等が始まっています。

ちなみに、動画本数は少ないですが、YouTubeチャンネルもありカレーの作り方動画も公開しています。

印度カリー子名前の由来

印度カリー子さんという一度耳にしたら覚えてしまうインパクトのある名前ですが、これはレシピ本を書こうと思った時に命名したようです。

本名だと相当な知名度が無いとなかなか覚えてもらえないだろという思い、差別化も含め印象深い名前にしたという訳ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スパイスとカレー入門 おもくない!ふとらない! [ 印度 カリー子 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/6/5時点)

楽天で購入

 

確かに、覚えやすく、しかも名前を聞けばだいたいのことが想像つくので理にかなった名前ですよね。

さすが高学歴だけあって戦略的です。

インドカレーでダイエット?

スレンダーに見える印度カリー子さんですが、高校時代はからかわれる程のぽっちゃり体型だったようです。

それがカレーに目覚め、カレー生活をすることで7㎏程痩せたと話しています。

一概にカレーを食べたからとは言えませんが、カレーを食べると発汗作用があったり、代謝が上がるような感じがします。お肌の調子も良くなりました。

出展:wizoom.info/?p=50083

と話しており、カレーを食べることで自然とダイエットに繋がっていったことがわかります。

まとめ

印度カリー子さんは、インドカレーに魅了された知性に優れた人物であることがわかりました。

ただただ「カレー好き」で衝動的に動いている訳ではなく、しっかりと戦略と情熱を持って行動されていることがわかります。

テレビやラジオ、雑誌などメディア出演も多くありますが、今後も見る機会が増えてきそうです。