マツコ会議のヘタウマクリエーターのインスタが面白くて癒される

マツコ会議のヘタウマクリエーターのインスタが面白くて癒される

2021年9月18日放送のマツコ会議では、ヘタウマクリエーターが特集されています。

今回の出演者のBUSONさんとIZUMIさんのインスタが、面白さと癒しが同居していました。

殺伐とした日常を過ごしているなら、両氏のインスタを見れば少しは気分も変わるかもしれません。

両氏のインスタやツイッター、プロフィール情報を紹介いたします。

スポンサーリンク

マツコ会議のヘタウマクリエーターBUSONのインスタ

ヘタウマクリエーターとして紹介されたいたBUSONさんは、インスタフォロワー数70万人を超えるインフルエンサーです。

インスタでは、あのシュールなイラストでのあるあるシリーズが数多く投稿されており楽しく見ることができます。

BUSONのインスタアカウントは「buson2025」でほぼ毎日更新されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BUSON(@buson2025)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

BUSON(@buson2025)がシェアした投稿

BUSONのプロフィール

ヘタウマクリエーターBUSONさんのプロフィールを紹介します。

とは言ったものの、ほとんど情報はありません。

ツイッターではイラストやネタ以外の事もツイートされていますが、プロフィールに繋がるような情報はほとんどありません・・・。

出身:長崎県五島列島

ツイッター:@BUSON2025

インスタ:buson2025

YouTube:BUSON【あるあるちゃんねる】

BUSONの経歴

BUSONさんは長崎県の五島列島の出身で、剣道に明け暮れる学生時代を過ごしていたと話しています。

夢も目標もなく、「同じ学力の先輩が救急救命士の専門学校へ行っていた」ということを理由にご自身も専門学校へ進学。

それから多少の紆余曲折もありながら、消防官として5年ほど務めたと語っています。。

消防官になる前に出会った1冊の本に感化され、自分でも本を出版したいという夢を抱きながら他のインフルエンサーを見ながら自分でもできそうだということでインスタでイラストを書き続け、チャンスを掴みます。

インスタで企業からのオファーや出版依頼が届くも、消防官は副業ができない為、一時は断念するも、夢を諦めきれず消防官を辞め独立、本を出版するという夢を叶えています

この実体験をもとに、自分の可能性を諦めず挑戦することを説いています。

スポンサーリンク

マツコ会議のヘタウマクリエーターIZUMIのインスタ

沖縄出身の女性ヘタウマクリエーターは、伊豆見香苗さんです。

インスタアカウントは「izmizum」で、可愛いgif動画のインスタが日々更新されています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊豆見🦐(@izmizum)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊豆見🦐(@izmizum)がシェアした投稿

ツイッターでも、インスタにはないGIF動画が公開されておりこちらも楽しめます。

IZUMIのプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

伊豆見🦐(@izmizum)がシェアした投稿

名前:伊豆見香苗

生年月日:1993年生まれ

年齢:28歳?(2021年現在)

出身:沖縄県

インスタ;izmizum

ツイッター:@izmizum

IZUMIさんは、高校生時代からフォトコンテストやアートコンペティションなどでのグランプリや優秀賞の受賞歴があり、若い時から活躍されています。

CDジャケットや表紙イラストの作成、アニメーションなど活躍の幅を広げ活動されているようです。

まとめ

マツコ会議に出演しているヘタウマクリエーターのSNSは楽しさと癒しで溢れていました。

ゆるキャラのように、シュールで可愛いキャラクターばかりでユーモアも相まって癒されます。

こんな時代だからこそニーズも多いのかもしれませんね。