るろ剣の映画はお蔵入り?上映中止?上映はある?│映画るろうに剣心

また芸能界から残念なニュースが舞い込んできてしまいました。

人気俳優の伊勢谷友介さんが逮捕と言う衝撃的なニュース。

この報道を受けて、2021年ゴールデンウィークに公開を控えている映画『るろうに剣心 最終章』のお蔵入りや公開延期など、心配の声が上がっています

新型ウイルスの感染拡大の影響で一度は公開延期になっており、それが上映中止となってしまっては悲しすぎるとしか言いようがありません。

映画『るろうに剣心 最終章』の上映は無事されるのでしょうか。

■るろ剣の映画はお蔵入り?上映中止?上映はある?

映画『るろうに剣心 最終章』は2部作となっており『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』として当初、2020年7月3日、8月7日から公開予定でした。

しかしながら、新型ウイルスの感染拡大の影響もあり、2021年ゴールデンウィークへ公開延期されています。

それが今回の伊勢谷友介さんの影響でお蔵入り、公開中止はあり得るのでしょうか

過去の事例から考えると、無事上映される可能性もあります。

2019年、まだ記憶に新しいピエール瀧さんも同じような容疑で逮捕され、出演していた映画「麻雀放浪記2020」が公開されるか否かニュースになったことがありました。

この時は、上映中止、延期、再編集して公開など協議の末、ノーカットで劇場公開がされています。

理由としては、

「あってはならない罪を犯したひとりの出演者のために、作品を待ちわびているお客さまに、既に完成した作品を公開しないという選択肢は取らないという結論に至ったということでございます。現状、ほとんどの映画は劇場公開からスタート致します。劇場での上映は有料であり、かつ観賞の意志を持ったお客さまが来場し観賞するというクローズドなメディアでありますので、テレビ放映またはCMとは性質が異なります」

とされています。

確かに、映画はお金を払って自分の意志で観に行くので、見たくない人は行かなければ良い訳で納得できる道理ではないでしょうか。

ツイッター等でも、「上映中止は過剰過ぎる」といった声もあり、この頃から「作品には罪はない」として少しずつ風向きが変わってきているように思えます。

デリケートな問題なので、難しい判断かと思いますが、ファンとしては無事上映され、ただただ映画るろうに剣心を楽しみたいだけですよね。

■るろ剣の映画はお蔵入り?上映中止?│公開を待ちわびるファンの声

「作品に罪はない」とも言われますが、ファンとしては本当にその気持ちです。

見たいものは見たい、楽しみなものは楽しみ

そんな気持ちしかありません。

ツイッターでは、映画公開を心配する声とともに、無事公開を祈るツイートで溢れかえっています。

■過去の映画るろ剣を楽しむ方法

ちょっとおススメ情報です。

良くも悪くも、公開前の映画をこうやって目にすると、過去の作品も見たくなってきますね。

既に上映された映画るろ剣やアニメのるろ剣を楽しむには、U-NEXTがおススメです。

映画るろ剣

業界でも長い31日間の無料お試し期間があるので、その間に楽しめてしまいます。

U-NEXTは業界内でもトップクラスの品揃えで映画、ドラマ、アニメ、バラエティ、キッズ、その他、210,000本配信(2020年7月時点)を誇る動画配信サービスです。

通常の料金は月額1990円(税抜)ですが、31日間の無料お試し期間内に退会してしまえば料金はかからないので、お試ししてみる価値はあるかと思います。