Rofu(ロフ・ビートボックス)HIROの本名や年齢は?wiki風プロフ!

ヒューマンビートボックスでアジアチャンピオンという実績を持ち、YouTubeでも人気のRofu(ロフ)。

圧巻のスキルはもちろんですが、笑いも交えた解説動画はヒューマンビートボックスを知らない人でも楽しますよね。

当記事は、いつも冷静で時より可愛い笑顔を見せてくるHIROさんについて紹介します。

スポンサーリンク

Rofu(ロフ)HIROのwiki風プロフィール!

HIROは、北海道を活動拠点に活躍している日本のヒューマンビートボクサー、Rofu(ロフ)のメンバー。

YouTube動画ではいつも向かって左が側が立ち位置。

ヒューマンビートボックスを始めたのは中学生の頃で、きかっけは兄の影響による。

中学3年生の時には、中学生日本一にも輝くなど早くから才能の片鱗を見せている。

2018年2月、RofuのFugaと一緒に約1ヶ月間、ニューヨークで活動。

のちに、このニューヨークでの経験がアジアチャンピオンにも繋がったと話している。

Rofu(ロフ)HIROの本名や年齢は?

HIRO

HIRO

本名:矢野博久

年齢:21~22歳

インスタ:goromeme

ツイッター:@GORO_MEME

HIROさんがRofu(ロフ)としてアジアチャンピオンに輝いたのは2018年で、その功績が2018年2月に大学で表彰されています。

その時の様子が、大学ホームページに記載されており、そこで本名が矢野博久さんであることが判明しています。

その時大学2年生だったということで、年齢は2021年現在21~22歳であることが推察できます。

Rofu(ロフ)HIROの大学は?

HIROさんは、ヒューマンビートボックスでアジアチャンピオンになったことで学長賞を受賞しており、そのことが北海道科学大学のホームページで紹介されています。

科学大学ってかなり専門的な大学ですよね。

HIROさんは「保健医療学部理学療法学科」と紹介されており、理学療法を学んでいたと思われます。

今はヒューマンビートボクサーとして活躍していますが、理学療法士の道を目指していたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

Rofu(ロフ)HIROの主なタイトル

HIROさんは、Rofu(ロフ)としてはもちろんですが、ソロでも優勝経験のある実力者です。

日付 大会 成績
2017年9月 Boost札幌 優勝 優勝
2017年11月 JAPAN BEATBOX CHAMPIONSHIP 2017 SOLO BATTLE TOP8 
2018年3月 Grand Boost Championship ソロバトル 2代目 総合優勝 

Boost札幌の優勝の時の決勝戦の相手は、FugaさんでRofu(ロフ)対決が実現しています。

延長までもつれ込む好バトルが繰り広げられており、会場も大盛り上がりとなっています。

まとめ

HIROさんのビートボックススキルは日本トップレベルとも言われており、解説動画ではすぐに実演できたりとレベルが高いことがわかります。

これからもYouTubeで、ビートボックスの大会で活躍していくことは間違いありません。

今後の活躍に注目ですね。

【関連記事】

Rofu(ロフ・ビートボックス)のバトル動画は?アジアチャンピオンの実力は?

Rofu(ロフ・ビートボックス)のFugaの記念集動画まとめ

Rofu(ロフ・ビートボックス)って何者?大学や本名、素顔は?

Rofu(ロフ・ビートボックス)Fugaの本名や年齢は?wiki風プロフ!