宮下草薙のネタ作りはどっち?ネガティブ漫才が面白い




超ネガティブ思考が面白さを沸き起こし、今人気急上昇中の芸人さんが宮下草薙(みやしたくさなぎ)

ネガティブ漫才という今までにないスタイルの漫才ですが、どっちがネタ作りをしているのか気になるところですよね。

実際の漫才動画も含めて、本記事では案内していきます。

■宮下草薙(みやしたくさなぎ)のプロフィール

草薙 航基(くさなぎ こうき) 

宮下草薙 草薙 航基

本名:草彅 航基

ボケ担当

1991年8月23日生まれ

静岡県出身

身長165cm

血液型B型

宮下 兼史鷹(みやした けんしょう)

宮下草薙 宮下 兼史鷹

ツッコミ担当

1990年11月16日生まれ

群馬県出身

身長168cm

血液型A型

■ネタ作り担当は草薙さん

草薙さんは見た目の印象通り学生時代からおとなしいタイプの人間で極度の人見知りと心配性な性格からほとんど誰とも話さなかったという。

高校入学するも身体測定で体型を少しいじられたことで「いじめられる」と恐れ中退。

学校へ行ったのは入学式と身体測定の2日のみでの中退となった。

そんなネガティブ思考を持つ草薙さんがネタ作りを担当しており、ネタのストーリーとしては、

先輩に旅行やドライブに誘われた。

けど超ネガティブ思考から実は裏があって身に危険が生じるのではないか

という感じの展開になる内容が多いです。

そのネガティブ具合と独特の間で笑いを引き起こしていいます。

一方で、宮下さんはもともとはピン芸人志望で実際に一人での活動時間もある。

ネガティブ思考の草薙さんとは反対に、「俺のネタで笑わない奴はセンスがない」と豪語するほどの自信家

しかし、2人が通っていた太田プロエンタテイメント学院東京校芸人コースで草薙さんを見て「こいつは売れる」と直感が働き、自身のピン芸人志望を捨て自分が目立たなくても、「こいつを世に出さないともったいない」との思いでコンビ結成。

それが2016年のことで、わずか3年でテレビ出演も増えてきて、今注目されている芸人の中のひと組です。

ちなみに、宮下さんの父親は地元では有名な地下格闘家で宮下さんも最強の男に育てられそうになっていたと言う。

■宮下草薙ネタ飛ぶシーン

宮下草薙は草薙さんがネタ作りを担当していますが、草薙さん自身がネタを飛ばしてしまうシーンが話題です。

すかさず宮下さんがツッコミを入れますが、草薙さんはネガティブ対応でネタ中にもかかわらず落ち込んだ表情を見せてしまいます。

・ネタ飛ぶシーン1

飛んでしまった瞬間は14:20頃です。

相方の宮下さんも「えっ」っと戸惑っている表情がわかります。

ネタ後の有吉さんとのトークでも突っ込まれています。

・ネタ飛ぶシーン2

飛んでしまった瞬間は2:30頃

ここは宮下さんもズバリつっこんでいます。

ネタ中にもかかわらず本気の落ち込み、そんなアドリブ展開にも宮下さんの的確なツッコミで逆に笑いを誘っています。

アメトークやロンハーなどにも出演し、今人気急上昇中の大注目のお笑いコンビです。

これからの活躍に期待して注目していきたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする