ピノ ピスタチオのカロリーや販売期間はいつまでか調べてみた

ピノ ピスタチオのカロリーや販売期間はいつまでか調べてみた

ピノ ピスタチオ
この記事では次の情報をまとめています。

・ピノ ピスタチオの販売期間・販売店

・ピノ ピスタチオの価格

・ピノ ピスタチオのカロリー

安く購入できる可能性も紹介していますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ピノ ピスタチオの販売期間と販売店

1976年の発売以降、45年もの間長く親しまれ続けているピノから45周年を記念して「ピノ ピスタチオ」が発売されます。

メーカーの発表では、5月31日よりコンビニにて販売が開始され、販売期間は2021年11月頃までとなっています。

予定通りの販売期間だと1シーズンしかないので、気に入ったら買い溜めした方が良いかもしれません。

2018年に発売された炭火焙煎コーヒーフレーバーでは、買い溜めして1年ほど保管していたという人もいました。

アイスクリームには賞味期限はありませんし、冷凍庫のスペースが許す限りストックしておいてもいいのかもしれません。

販売はコンビニ先行になりますが、7月12日より一般スーパーなどでも販売開始予定となっています。

恐らく7月12日以降は、ネット通販ショップの販売もあると思われます。

ピノ ピスタチオの価格

ピノはこれまで限定的にいろんなフレーバーの商品がありましたが、商品によって価格が異なっています。

ピノのノーマルタイプの希望小売価格は140円(税抜)に対し、ピノ ピスタチオの希望小売価格は180円(税抜)となっています。

最近発売された商品の価格を調べてみると130~180円の幅となっており、やや高い部類に入ることがわかります。

2019年発売品 価格(税抜)
蔵出し熟成 宇治抹茶 140 円
ストロベリームーン 160 円
和栗 140 円
焦がしみたらしキャラメル 180 円

ピノ ピスタチオを安く買う方法

ピノは美味しいですが、量の割にはやや高いと感じることもありますよね。

もっとたくさん食べたい、もっとたくさん入っていて欲しい。

そう思っちゃう美味しさですよね。

ピノ ピスタチオが販売されるかどうかは定かではありませんが、業務スーパーならピノを安く購入することができます。

通常140円(税抜)するノーマルタイプは、業務スーパーなら100円を下回る価格で販売されていることが多いです。

ピスタチオフレーバーがなくても、ノーマルタイプのピノでも大量買いしておきたくなる価格です。

ピノ ピスタチオのカロリー

ピノ ピスタチオのカロリーは、1粒(10ml)あたり31kcalです。

(ピノは6個入りなので1箱食べると186kcalになります。)

ノーマルタイプのピノのカロリーも31kcalとなっており、同じですね。

他のフレーバーと比べてもカロリー的にはあまり変わりありませんね。

2019年発売品 1 粒(10ml)当たり
蔵出し熟成 宇治抹茶 31kcal
ストロベリームーン 32kcal
和栗 31kcal
焦がしみたらしキャラメル 33kcal

スポンサーリンク

まとめ

ピノ ピスタチオの販売は、5月31日からコンビニ先行で行われ、販売期間は11月頃までの予定となっています。

価格は180円(税抜)でカロリーは1粒(10ml)あたり31kcalです。

業務スーパーならかなり安く買える可能性があるので、もし見つけらたストック分も含め、多めに買っちゃっても良さそうです。