小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)のギャラや年収は?芸風(ネタ)はコント?漫才?wikiプロフ!




ワハハ本舗に所属していた芸歴30年のベテランお笑い芸人、小堀敏夫さん。

小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)

ダメ男、ダメ芸人、貯金ゼロとも言われていますが、芸歴30年にもなるお笑い芸人の実際のギャラや年収はどのようなものなのでしょうか

あまりテレビでは見かけることはありませんが、芸風は漫才なのかコントなのか、ネタのスタイルなども気になるところです。

ここではそんな小堀敏夫さんについて調べてみました。

■小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)のwiki風プロフィール!

まずは小堀敏夫さんのプロフィールをさらっとご紹介します。

*名前:こぼり としお

*生年月日:1967年7月10日

*年齢:52歳(2020年4月現在)

*出身:群馬県

*身長:177センチ

*血液型:O型

*趣味:麻雀、パチンコ、スロット

*嫌いなもの:努力、根性、涙、ワハハ本舗!

趣味が“ギャンブル好”きを語っていますね。

ワハハ本舗ではネタ見せ会の前にパチンコへ寄って、当たりが出てしまうと仮病を使って休むこともあったようです。

本気で芸人しているとは思えない行動です。

努力や根性も嫌いということで、そこらへんがクズ芸人と呼ばれる所以(ゆえん)なんでしょうね。

【相方に関する関連記事】

ガッポリ建設・小堀敏夫の相方、室田稔のwikiプロフィール

・小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)の経歴

1997年3月に当初はトリオでガッポリ建設結成。

2002年4月に1人脱退し、現在のコンビへ。

ちなみに、この時のメンバー脱退は、ワハハ本舗演出家の喰始氏によるアドバイス(ダメ出し)を受けてだそうです。

以降、エンタの神様、あらびき団、24時間テレビなどテレビ出演。

それは芸人だけには留まらず、俳優としても活躍。

・小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)の俳優業

小堀敏夫さんは1998年に始まった平均視聴率20%を超えたヒットドラマ「ショムニ」
出演しています。

しかも「ショムニ」「ショムニ2」とシリーズ続けて出演しています。

小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)

あんなメガヒットドラマにキャスティングされるだけでも凄いですよね。

ほかにも電車男など映画にも出演しており、俳優としての活躍もあったようです。

・小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)は干された?

小堀敏夫さんはなんと2004年に100組の芸人の中から優勝して、日テレの人気番組24時間テレビに出演しています。

その時のクイズ企画で「あの有名曲サライの意味は?」という問題に「人サライ」と解答し、北〇鮮問題など敏感な時期だったということも相重なって、以降テレビ出演が激減したと語っています。

直後に出演したエンタの神様では1分で4%の視聴率を下げるなど好感度は最悪で、日テレ出禁状態になり、テレビの世界から遠のいてしまったようです。

■小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)のギャラや年収は?

小堀敏夫さんは全盛期には月120万ほどの稼ぎがあったようです。

ただそこには105万の闇営業(直営業)が含まれており、事務所からのお給料15万円をあわせて120万ということです。

闇営業(直営業)で105万円稼げるなんて凄いですよね。

それだけ需要があるということです。

お笑い芸人だけあって、その場を盛り上げる力はあるという証拠ですよね。

ちなみに、最近はコ〇ナの影響でイベント(営業)がなくなり、そのことで

「15万の営業を返せ!」

とブログで嘆いています。

内容や時間などによっても変わってくるのだと思いますが、1営業当たりのギャラは10万を超えるということですよね。

凄いですね、なかなか。

ギャンブルさえしなければ、そこそこの生活はできるんじゃないかと思いますけどね。

■小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)の芸風(ネタ)はコント?漫才?

漫才もショートコントもこなし、時にはパンダの着ぐるみを着てパンダーズなるものをやったり、いろんなスタイルを持っているようです。

ある意味で“器用”ということですよね。

■小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)はゲイ?

小堀敏夫さんは新宿の「グランマ」というゲイバーで、くるみちゃんという源氏名で働いていたことがあります。

小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)

今はすでに辞めたようですが、なぜゲイバーだったのか。

その気があったのか、肯定もせず否定もせずで詳しくは語られてはいません・・・。

■小堀敏夫(お笑い芸人・ガッポリ建設)のSNS

小堀敏夫さんは2007年から現在までブログを更新し続けています。

ツイッターやインスタには浮気せず、ブログを10年以上も続けており、マメな性格な一面もあるのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

小堀敏夫さんをまたテレビで見る日が出てくるのか。

頑張ってほしいですね。