佳子さまのろうあ連盟での年収は?非常勤嘱託職員の業務内容は何?

佳子さまのろうあ連盟での年収は?非常勤嘱託職員の業務内容は何?

佳子さま

出展:asahi.com

以前にも手話を見せた事がある佳子さまが、5月6日から一般財団法人全日本ろうあ連盟の非常勤嘱託職員として勤務されるという報道がありました。

佳子さまは可愛くて進学するたびに話題になったりしましたが、今回もまた新たなステージでの活動により注目が集まっています。

ろうあ連盟という一般的にはあまり馴染みのない職場環境に、皇室という立場の佳子さまがどのような業務内容で、年収はどれくらいになるのか気になるところですよね。

そこで当記事では、佳子さまの一般財団法人全日本ろうあ連盟の非常勤嘱託職員としての年収や業務内容について調べてみました

スポンサーリンク

佳子さまのろうあ連盟での年収は?

佳子さまが勤める予定のろうあ連盟は「一般財団法人」です。

財団法人は非営利法人の為、株式会社などとは違って競争意識が低いとされています。

なのでプレッシャーが少ない分、働きやすい環境である半面、年収は株式会社の方が多いとされています。

今回佳子さまが勤める予定の一般財団法人全日本ろうあ連盟の年収情報を探してみましたが、アルバイトで時給1,013円での募集はありましたが、非常勤での明確な数字はありませんでした。

しかしながら、

国税庁が発表する「企業規模別及び給与階級別の給与所得者数・給与額」の調査データによると、株式会社に勤める人の平均給与が450万1,000円なのに対し、一般社団法人含むそのほかの法人に勤める人の平均給与は408万9,000円となっています。

という情報がありました。

他にも、一般財団法人日本健康管理協会の平均年収は375万円、一般財団法人大蔵財務協会は20代前半の女性の平均年収は250万円とあり、決して多くはない印象です。

これらの年収情報を参考に考えると佳子さまのろうあ連盟での年収は、非常勤ということも考慮すると300万円前後と考えられそうです。

ちなみに、佳子さまは見事に手話を使っていましたが、手話通訳士と言う仕事でも平均年収は260万円程度と言われており、決して高いものではありません。

ですが、佳子さま皇室の人間です。

多少の忖度もあって年収に色がつくことも考えらなくはないです。

そのような事があるなら、佳子様には平均年収以上の報酬が与えれるかもしれませんね。

この辺りは一般的な範疇を越えた何かがあるのかもしれません・・・。

佳子さまの非常勤嘱託職員の業務内容は何?

一般財団法人全日本ろうあ連盟のホームページによると、基本的な取り組みとして

手話通訳の認知・手話通訳事業の制度化

聴覚障害を理由とする差別的な処遇の撤廃

聴覚障害者の社会参加と自立の推進

とありました。

佳子さまは実際に手話もできますし、即戦力として活躍できそうですよね。

組織図を見てみるとアジアや世界の連盟との繋がりもあるようで、皇室という立場を利用して幅広い活動にも期待されているのかもしれません。

ろうあ連盟組織図

出展:www.jfd.or.jp/about/chart

そうなると佳子さまにしかできない、佳子さまだからできる業務も出てくるかもしれません。

そうであれば、それ相応の報酬があってもいいのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回佳子さまが勤めるろうあ連盟での年収は、一般的に考えると300万円前後であろうと思われます。

ですが、佳子さまは既に手話を使えること、皇室という立場で世界へ向けた取り組みもできること、影響力の大きさ等も考えると、それ以上の報酬があって然るべきとも思えます。

唯一無二とも言える存在感があるので、貴重な戦力となると思われます。

立場もあって何かと大変そうですが、頑張って欲しいですね。