【画像】橋本聖子の若い頃の経歴が凄い!オリンピック成績まとめも!

世間を騒がせたオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長に、橋本聖子氏が選ばれました。

川淵三郎氏や山下泰裕氏などが候補に挙がり情報が錯そうしましたが、最終的には前森喜朗会長を父親とも慕う橋本聖子氏に決まりましたね。

いろいろ騒がれていますが、橋本聖子氏は若い頃オリンピックに7回も出場しておりメダルも獲得している凄い人なんです。

橋本聖子氏オリンピック

出展:page.auctions.yahoo.co.jp

そんな過去の経歴もあり「オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長」としては適任とも言えるのかもしれません。

そこで今回は橋本聖子氏の政治家になる前の若い頃を画像も含めて紹介いたします。

スポンサーリンク

橋本聖子の若い頃の経歴~誕生からオリンピック出場前~

橋本聖子氏は生まれた時からオリンピックと関わる運命だったと言っても過言ではないほど、オリンピックと縁があります。

まず、橋本聖子氏は1964年生まれ(2021年2月現在56歳)になりますが、この年はアジアで初めて開催されたオリンピック、東京オリンピックが開催されています。

名前の「聖子」もオリンピックの聖火にちなんで名づけられたとされており、オリンピックと縁深い誕生になっています。

父親も

「何の種目でもいいからオリンピック選手になれ。」

と育てており、オリンピック選手になるべくしてなったと言ってもいいのかもしれませんね。

北海道生まれの橋本聖子氏は、そんな父親の影響で3歳からスケート、小学2年生からスピードスケートを始めており中学で全日本選手権優勝、高校進学後も優勝を続けています。

高校時代と思われる橋本聖子氏

出展:page.auctions.yahoo.co.jp

実績だけを見ると輝かしいものですが、小学3年生の頃に生死を彷徨うような腎臓病を患っており競技から離れている時期があります。

それは高校3年生の頃にもあり、B型肝炎やストレス性の呼吸筋不全症などにも罹ってしまい、病気とも戦いながらの競技生活を努力してきています

ご本人は、病気があったからこそ、健康への憧れ、オリンピックへの想いも強くなったと話しており、逆境を跳ね変えす原動力にもなったようです。

これだけ強い気持ちがあるからこそ、後にオリンピックに7回も出場するという偉業を成し遂げることができているのかもしれません。

1983年に高校卒業後、スケートで有名な富士急行株式会社へ入社しています。

橋本聖子の若い頃の経歴~オリンピック~

橋本聖子氏は冬季はスケート、夏季は自転車で合計7回もオリンピックに出場しています。

夏・冬どちらも出場するという日本人初の快挙を成し遂げています。

橋本聖子夏冬オリンピック出場
出展:page.auctions.yahoo.co.jp

橋本聖子氏の自転車

出展:page.auctions.yahoo.co.jp

メダルは1992年のアルベールビル冬季オリンピック、スピードスケート1500メートルの銅メダルのみですが、それでもこれだけ続けて出場できることが凄すぎます。

橋本聖子銅メダル

出展:jiji.com

中でも目を見張るのが出場種目の多さです。

スピードスケートは500メートルから5000メートルまでこなしています。

1988年のカルガリー冬季オリンピックでは500メートルから5000メートルまで5種目に出場しており、メダル獲得こそはないものの、全ての種目で日本記録を更新し8位以内の入賞しています。

橋本聖子氏のスケート

出展:page.auctions.yahoo.co.jp

オリンピック 種目 成績
1984年サラエボ冬季 500メートル 11位
1000メートル 12位
1500メートル 15位
3000メートル 19位
1988年カルガリー冬季 500メートル 5位
1000メートル 5位
1500メートル 6位
3000メートル 7位
5000メートル 6位
1988年ソウル夏季 スプリント 予選落ち
1992年アルベールビル 500メートル 12位
1000メートル 5位
1500メートル 銅メダル
3000メートル 12位
5000メートル 9位
1992年バルセロナ夏季 3000メートル個人追い抜き 11位
1994年リレハンメル冬季 1000メートル 21位
1500メートル  9位
3000メートル 6位
5000メートル 8位
1996年アトランタ夏季 3000メートル個人追い 12位
24000メートルポイントレース 9位

女子スピードスケートのメダリストとして記憶に新しい小平奈緒選手は500メートルで金、1000メートルで銀メダルを獲得していますが、3000メートル以上の記録は確認できませんでした。

やはりそれだけ短い距離に集中して取り組んでいるということかと思いますし、そう考えるとこれだけ幅広い種目で日本のトップにいた橋本聖子氏の凄さが改めて際立ちます。

橋本聖子氏のオリンピック

出展:page.auctions.yahoo.co.jp

スポンサーリンク

まとめ

火中の栗を拾うとも表現されている今回のオリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長の責務ですが、オリンピックとこれだけ縁のある橋本聖子氏ならやり遂げてくれるように思えてきますね。

選手として、政治家として、両方の気持ちがわかる数少ない人物と言ってもいいのではないでしょうか。

世界的に状況も落ち着いていない国もありますし、難しい問題は山積していますが、東京オリンピックを良い方向に導いて欲しいものです。