【サッカー】中村一義の引退理由、現在は?wiki風プロフ




若干18歳にして日本代表デビューを果たし、スペインの名門レアルマドリードへ移籍した久保建英選手が連日スポーツニュースの話題となっていますが、Jリーグ創設前の1974年に高校生ながら日本代表に選出された中村一義さんをご存知でしょうか。

中村一義

右が中村一義さん (出典:aoshima.exblog.jp)

サッカー界、長い歴史の中でおそらく唯一だと思われます。

日本代表としてどんな活躍を見せたのか、どんなプレースタイルだったのか、日本代表になるまでの実績や引退理由、現在の姿など気になるところがたくさんあります。

ここでは中村一義さんについてwiki風にまとめてみました。

■wiki風プロフ

*生年月日:1955年4月8日 64歳(2019年現在)

*出身地 静岡県藤枝市

*中学:西益津

*高校:藤枝東

*大学:法政大学

*実業団:富士通サッカー部

*身長:170cm

*体重:60kg

*ポジション:FW

*利き足:左足

小児麻痺で片方の足が若干(1~2cm)短いというハンデがあったとされています。

・プレースタイル

100m11秒台という俊足でありながら、抜群のボールコントロールと味方も欺くトリッキーなプレーが特徴だったようです。

ウイングのポジションでドリブラーとして活躍したようです。

・西益津中学時代

3年の時、全国中学校サッカー大会で優勝し注目される

・藤枝東高校時代

左ウイングとしてレギュラーとして活躍。

1973年、1974年と全国高校サッカー選手権大会で2年連続の準優勝に貢献。

1974年1月には高校生ながら日本代表へ選出される。

・法政大学時代

4年の時、関東大学サッカーリーグで優勝。

当時の雑誌の一部がありましたので紹介します。

雑誌でも取り上げられる程、注目されていた事がわかります。

中村一義wiki

出典:aoshima.exblog.jp

中村一義wiki

出典:aoshima.exblog.jp

・実業団富士通サッカー部時代

1978年に加入するも、チームが日本サッカーリーグ2部へ降格してしまい、注目度が低くなってしまった。

・日本代表として

日本代表として5試合出場、1得点の記録が残っています。

日本代表デビュー戦でいきなり得点を決めて勝利に貢献しています。

日付 対戦相手 H/A 勝敗 スコア 得点
1979/03/04 韓国 H 2-1 1得点
1979/06/16 韓国 A 1 – 4  
1979/06/27 マレーシア N 1 – 1  
1979/06/29 タイ N 2 – 1  
1979/07/01 ビルマ N 1 – 0  

・引退理由

1981年、実業団富士通サッカー部加入からわずか3年。

度重なる怪我のため引退を決意したとされています。

まだ25~6歳の時です。選手としてはまだまだこれからという時の決断はそう簡単ではなかったと思います。

まだまだやりたい気持ち、悔しさ、いろんな感情が駆け巡っていたのではないでしょうか。

■現在は?

引退後は何をしていたのか調べてみましたが、情報がありませんでした。

唯一見つかったのは1987年(昭和62)に行われたイベントへの参加されたということです。

かなり小さいですが、その時の画像です。32歳頃と思われます。

中村一義

出典:city.fujieda.shizuoka.jp

同世代には日本代表監督を務めた西野朗さんやJリーグチームの監督を務めた清水秀彦さんなど今もサッカー界で活躍している人もいますが、全く情報が無いので中村さんはサッカーとは少し離れたところにいるのかもしれません。

最後までご覧いただきありがとうございます。

当時のプレーしている動画も探し回りましたが、見つけられませんでした。

私自身もどんなプレーで活躍していたのか見たかっただけに、案内できないのが残念です。

高校生で日本代表に選出されるということは現代で言う久保建英選手なので、相当な突出したテクニックがあったことは間違いないと思います。

引き続き、情報を追いかけてみて、新しい発見があればこちらで更新していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする