久保瑛史(久保建英の弟)の年齢、所属チームは?レアル行きは本当?




史上2番目の若さで日本代表デビューをした久保建英選手。

幼い頃からスペインの名門バルセロナで育成されながらも契約上の問題から一時帰国するも、つい先日銀河系最強軍団レアルマドリードへの正式加入が発表されました。

もちろんサッカーの歴史における大ニュースですが、久保建英選手の実弟である久保瑛史選手もレアル加入の噂が飛び込んできました。

そんな久保瑛史選手の年齢はいくつで、所属チームはどこなのか、兄弟でレアル入りなんて実現可能なのか気になるところです。

ここではまだ謎の多い久保瑛史選手について調べてみましたので是非ご覧下さい。

■久保瑛史選手の年齢、所属チーム

久保瑛史選手は久保建英選手(18歳)の6歳下の12歳です。

まだ小学生です。

所属チームは横浜F・マリノス プライマリー、小学生選抜チームの一員です。

横浜F・マリノス プライマリー久保瑛史

出典:www.f-marinos.com/team/development/player/primary/

(背番号から下左から2番目が久保選手とと思われます。お兄さんとはあまり似ていない?)

2018年には神奈川県の少年サッカー選手権大会で見事優勝しています。

久保瑛史選手も決勝戦で得点を決めるなど勝利に貢献しています。

■久保瑛史選手のポジション、プレースタイル

プレーを見てみるとお兄さんの建英選手と似ていて、ポジションはFWから1.5列目といったところでしょうか。

利き足は見ている限り右と思われます。

建英選手と同じように足元のテクニックはかなり優れており、3点目のアシストは久保選手からと思われますが、アシストに至るまでのドリブルテクニックはお兄さんを彷彿とさせます。

この時小学4年生というからさらに驚きです。

■弟、久保瑛史選手のレアル加入の噂

兄、久保建英選手がドアを開いてくれたので可能性は十分あるかと思います。

現に地元スペインではレアルの下部組織への加入が報道されているようです。

実際に加入となれば凄いことです。

日本人があのレアルマドリードに、しかも兄弟で!

でも、この世界にはマーケティングを狙った(話題を狙った)選手獲得もあります。

久保建英選手のレアル入りが正式決定した途端、鹿島アントラーズに所属していた安部裕葵選手のバルセロナ移籍が発表されました。

安倍選手ももちろん期待の選手ではありますが、世界一とも言われるクラブチームであるバルセロナへの移籍はやはり久保選手をレアルマドリードに取られたことに対抗したマーケティングとしての目的が大きのではと言われています。

弟、久保瑛史選手もその可能性が無い訳ではありません。

しかしながら、どんな形であれ、チームに加入できることは素晴らしいことです。

世界トップレベルの中で凌ぎを削っていくことは必ず成長に繋がるハズです。

是非、マーケティング目的と言っている人を見返すような活躍を期待したいところです。

まだまだ若くてこれからの選手なので応援していきましょう。